交通事故被害者に真に寄り添える事務所で有り続ける

日立の弁護士による交通事故・後遺障害無料相談|日立平和通沿い 運営 片岡法律事務所 〒317-0072 日立市弁天町1丁目3-16
ロゴ tel

【解決事例】日立市での交通事故: 治療通院打ち切り・後遺障害認定の相談から受任した事例

日立市での交通事故: 治療通院打ち切り・後遺障害認定の相談から受任した事例

きっかけ

ご依頼者(男性:会社勤務)が自動車を運転、相手車両から被害を受ける。治療のためと通院を11ヵ月超え、保険会社からは通院打ち切り・症状固定の打診があり、損害賠償など、弁護士へ依頼した場合の違いを確認したく来所いただき、ご依頼いただきました。

当事務所の対応

ご相談時点で、交通事故の裁判基準について説明、後遺障害認定の手続きを進める。相手保険会社へは、治療通院の継続、裁判所基準での休業損害、慰謝料、後遺障害慰謝料・逸失利益の交渉を行う。

得られた結果

 損害賠償損害金 413万円 → 506万円 (93万円の増額)

項目 弁護士介入前 弁護士介入後 増加額
慰謝料 106万円 118万円 12万
後遺障害逸失慰謝料 40万円 110万円 70万
後遺障害逸失利益 34万円 44万円 10万
治療費・休業損害・慰謝料等 233万円 234万円 1万
解決のポイント

ご依頼者本人は、入院治療は無かったものの、頸椎捻挫・右肩関節捻挫・腰椎捻挫・右膝打撲の約11ヶ月の治療期間を要し、頸椎捻挫・腰椎捻挫での後遺障害14級の認定を受けました。
通院治療にかかわる慰謝料は、相手保険会社の裁判基準にて計算し、118万円。後遺障害逸失利益は、労働能力喪失率5%、喪失期間4年での、遺失利益44万円を獲得する。後遺障害慰謝料についても、裁判基準にて110万円を獲得する。

弁護士費用については、ご依頼者本人・ご家族の加入する自動車保険には弁護士費用特約が付加されていませんでしたが、弁護士へ交渉の依頼をいただくことでご満足いただける解決に至りました。
今回のようにケガの治療途中に相手保険会社から治療費の打ち切りの打診のある長期の治療、後遺障害等級認定のあるケースで相手保険会社と一般の方が対等に交渉することは困難です。当事務所へご連絡いただいくことで交渉のストレスから開放され、ケースによっては今回のような結果を得ることが可能です。

関連する記事はこちら


お問合せはこちら

姓 (必須):
名 (必須):
メールアドレス (必須):
郵便番号: -
住所:
電話番号: - -
生年月日:
お問い合わせ内容: